FC2ブログ
2011
07.28

ピーター・ガブリエル

Category: 未分類
ピーター・ガブリエルは歌が上手い。
以前から歌が上手いのは十分にわかってはいたけど
昨年彼が出したカバーアルバムを聞いて強く実感した。
それと私は彼の歌が好きなんだということも改めて実感。
とにかくアルバム全般に哀しみが漂う。
それも深い哀しみなのに静かなのだ。
本当に深い哀しみとはこういうものという気さえする。
最初にこのアルバムを聴いたとき歌は耳に残っても
全然曲が印象に残らなかった。
あとからカバーアルバムと聞いて納得。
矢野顕子のsuper folk songを聞いたときの感じ。
たぶんこの出来は原曲を越えている…。
カバーも上手いなんてずるい!
いえいえたぶんそれは感受性と表現力。
うーん。上手い!いやいや「いい!」。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top